看護師

男女ともに不妊治療の検査を行う|性別関係なく知っておくべき知識

男性が抱える原因とは

診察

男性によっては、自分が原因で子供ができないと思っていないという人もいるでしょう。ですが、現代の不妊の原因としては女性だけではなく男性にもあるという考えがあります。その為、不妊治療を受けるとなれば夫婦揃って受けたほうがいいのです。
しかし、男性が不妊の原因を持っているといってもどういったことが原因なのか思いつかない人もいますよね。男性の不妊で最も多い原因は、無精子症です。これは、精液の中に精子が全く存在しないという状態になります。現代では、100人に1人はこの症状を抱えていると言われています。

無精子症には、大きく分けて二種類のタイプに分かれます。それは、閉塞性と非閉塞性になります。閉塞性は、男性器にある精巣内で精子は作られていますが、精子が通る道が塞がれている状態になります。非閉塞性は、精巣内でほとんど精子が作られていない状態または全く作られていない状態になります。現代の無精子症を抱えている人のタイプは、非閉塞性無精子症だとも言われています。どういった原因で無精子症になるのかといえば、ホルモンの異常または精巣機能に問題があるかのどちらかになります。精神的な面でも起こることがありますので、どういったことが原因でこの病気になったのかの追求は現代でも難しいと言われています。

自分が無精子症なのかどうかは、専門の病院で行なえます。最近では、不妊治療を積極的に行なっている婦人科などでも男性の検査は受けられるので夫婦で訪れてみるのもいいでしょう。検査することで、どういった治療を行なえばいいのかを決められますし、子供を授かろうとする準備を整えられます。男性の中には、自分が原因ではないと思っている人もいますが、一度検査を受けて夫婦で協力して子供を授かるようにしましょう。現代では、無精子症の治療法もありますので諦めずに病院へ行って的確な治療を受けてみて下さい。